9月盛岡支部例会(交友会) 報告

月例会報告


会員各位 令和3年9月19日

9月盛岡支部例会(交友会) 報告

 開催日   令和3年9月16日 (木)  18:00~

〇下記の6点について確認。

  • 1.イランが「1カ月で核兵器原料」:今までは一年かかるとされていたが、高濃縮ウランを兵器級に近づく60%に引き上げた(R3.9.15日報)→核兵器が拡散しつつある。
    2.北朝鮮のミサイル射程、1500KM~(新型中距離「北極星2」)(R3.9.15日報)→専守防衛論だけでは、日本の真の独立と未来が危ない!
    3.「従軍慰安婦」記載訂正:検定済み教科書で3社。また、「強制連行」との表現を用いることことを同じ閣議決定で不適切としたことで新旧要領の教科書で5社が対応した。(R3.9.9産経)→今頃になってようやく、政府の対応があまりに遅い。
    4.加藤勝信官房長官は14日「共産党の暴力革命の方針に変更はないものと認識している」と述べた。(R3.9.15産経)→「階級闘争と暴力革命は共産主義の根本」
  • 5.総理大臣候補者に出馬した3氏(岸田文雄氏、高市早苗氏、河野太郎氏)の政策比較(R3.9.11産経)を参考に会員間で話し合い。
  • 6.高市早苗総理大臣候補者支援のチラシ配布。(T会員)→日本会議岩手県本部としては大方が賛成。→岩手自民党県議12名(正会員)にチラシを郵送済み。

〇「日本の息吹」の記事:

  • 5月3日の全ての世論調査で「憲法改正必要」が多数に!(p12)→こんな時に、立憲民主党は次期衆院選12の公約(9月前半)に①学術会議人事再任命②モリカケ再調査③赤木ファイル再調査といった個別事例がある。これは新政権の軸になるようなものなのか?
    次の衆議院総選挙において憲法改正を前面掲げて戦いに勝利すれば、改憲論議も進展するはずだ(p33)
    「あの時日本軍が来てくれていればウイグルは独立していた」:関岡英之氏とムカイダイスさんが奇跡の面会により90年間解けなかった謎を解明。(p16、17)
    東北の力を結集し誇りある国づくりを:岩手県では議員で代表になっている人はなし。残念。→しかし、このことが契機となり、岩手自民党県議12名が「日本の息吹」購読者(正会員)となりました(9月現在)(p28)。

〇特記すべきこと

  • 1.「HP担当者」へR3年援助金を授与。
    2.会長より8月に自身が上梓した「GHQは日本に何をやったのか時系列の解明」(小苅米淳一著)を会員の殆どが購読。書店にも置かれている。
    3.「縄文神話の謎を解く」R3年9月19日(日)14:00~アイーナ(K会員)の案内。

〇来月開催日令和3年10月28日(木) 18:00~ 

T.B

タイトルとURLをコピーしました