日本会議とは

日本会議は平成9年、「日本を守る会」と「日本を
守る国民会議」が統合され、「日本会議」となりました。
それ以来、皇室、憲法、防衛、教育、英霊、
家族等の国の基本問題について、政府や国会への提言活動や
国民の世論を喚起する国民運動を全国で推進して来ています。

平成9年から20年間、日本会議が取り組んだ国民運動は以下の通りです。(主なもの)

日本会議は全国組織ですが、以下の方々が中核となり、
その運営を支えています。

全国の日本会議の活動の中核をなす精神 
綱領・方針は次の通りです。

《 綱領 》

一、我々は、悠久の歴史に育まれた伝統と文化を継承し、健全なる国民精神の興隆を期す。
一、我々は、国の栄光と自主独立を保持し、国民各自がその所を得る豊かで秩序ある社会の建設をめざす。
一、我々は、人と自然の調和をはかり、相互の文化を尊重する共生共栄の世界の実現に寄与する。

《 基本運動方針 》

1、国民統合の中心である皇室を尊び、国民同胞感を涵養する。
2、我が国本来の国柄に基づく「新憲法」の制定を推進する。
3、独立国家の主権と名誉を守り、国民の安寧をはかる責任ある政治の実現を期す。
4、教育に日本の伝統的感性を取り戻し、祖国への誇りと愛情を持った青少年を育成する。
5、国を守る気概を養い、国家の安全を確保するに足る防衛力を整備するとともに、世界の平和に貢献する。
6、広く国際理解を深め、共生共栄の実現をめざし、我が国の国際的地位の向上と友好親善に寄与する。

タイトルとURLをコピーしました