参加の仕方

日本会議岩手県本部への参加の仕方

日本会議と日本会議 岩手県本部の目標は同じです。
岩手県本部の会員になることと日本会議の
会員になることは同じです。
二重に会費を払う事はありません。

この会の構成は―
本会は、「日本会議」の趣旨に賛同する団体、企業、個人をもって構成します。
本会の会員は、日本会議に掲げる目的に賛同し協力する善良なる日本国民(岩手県民を主体とする)であり、各該当会費を納入した者とします。
なお、本会の会員は、すべて日本会議の会員であることを前提とします。

(1)正会員   会 費  年額  10,000円
(2)維持会員  会 費  年額  30,000円
(3)篤志会員  会 費  年額  100,000円以上
(4)議員会員  会 費  年額  10,000円
(5)女性会員  会 費  年額   5,000円
(6)支援会員  会 費  年額   3,800円
※会費を払うことによって「日本の息吹」が配布されます。費用は含まれています。

会の機関は―

 ① 総会
 ② 役員会  ③ 運営委員会  ④ 事務局会議
 ⑤ 地域支部 ⑥ 女性の会   ⑦ 専門部会
 ※運営委員、支部長は本人の同意を得て、役員会によって決定される。
 ※運営委員長は、事務局長が努める。
 ※運営委員会は、正・副会長、事務局長、支部長、運営委員によって構成する。
 必要に応じて、会長の同意を得て、他の会員、関係者を入れることができる。

普段は、集まりは例会が殆んどで、会員の自由参加で開かれています。

令和2年10月は、例会に、台湾にルーツを持つ、(株)大門の会長 南郷成民氏を
ゲストにお呼びし、台湾と日本の深い関わり、李登輝総統の日本への期待、
台湾再興についての貢献のお話など、参加者に深い感銘を与えました。その後、
本人の希望により日本会議の会員となりました。

例会の運営は、換気、マスク着用など、慎重な配慮をして進められています。

日本会議 岩手県本部へのお申し込みは以下の方へ

日本会議への入会(岩手も共通)はこちらです。↓
https://www.nipponkaigi.org/member

タイトルとURLをコピーしました